前立腺肥大ID:1288010831-

前立腺肥大とはアンドロゲン(男性ホルモン)とエストロゲン(女性ホルモン)の比率の変化が前立腺に及ぼす加齢性の変化(肥大)とされています。今回、血尿が出るとのことで雄4歳コーギーが来院しました。検査の結果、表題の前立腺肥大が原因でしたが少し若くして発症した例です。通常、血尿といえば膀胱炎、尿道炎、膀胱.尿道.尿管.腎盂に出来た結石が原因となることが多いのですが、前立腺の病気でも血尿が出ることがあります。今回の場合3ミリの内視鏡を尿道に入れ出血場所の観察とエコー検査とを合わせて診断しました。処置は抗菌剤投与と去勢術を行いました。本日抜糸しエコーで前立腺の縮小を確認。血尿も無くなり症状好転、ついでに太い便も出るようになったとの事です。(犬の場合ヒトと違って前立腺の腫れは直腸を圧迫し排便障害を起こすことが多い)。

01234.JPG

04567.JPG

78963.JPG

96354.JPG

— posted by shimoe-s at 09:47 pm  

 

臍(へそ)ヘルニアID:1288007335-

骨が折れてるかもしれない...という事で外飼いの猫が来院しました。まず目に留まったのはヘソのヘルニアです。触診にて熱感と痛みがあります。後肢の大腿骨の骨折も触診にて診断可能でしたが痛みはどうも臍ヘルニアの方が強そうです。臍(へそ)の”ふくらみ”は小さい時よりあり”デベソ”と軽く考えておられたようですが、このヘルニアの場合”かんとんヘルニア”といって脱出した腸、大網が締め付けられ血行障害を起こしているのです。おそらく交通事故により腹圧が高まり、元々のへそヘルニア孔に腸が飛び出し戻らなくなった結果だと説明し急いで手術に入りました。時間経過が早かったため脱出臓器の血行障害も軽く整復のみで解決。続いて大腿骨骨折はピンニング処置。大腿骨頚骨折は骨頭切除術を選択し終了。翌日には歩行も可能で食欲も旺盛、後は家で介護してもらうことで退院となりました。野性味の強い動物は手間いらずです。
IMG_2087.JPG

お腹の中央部ヘソの所のふくらみ が臍ヘルニア。
satou_kotarou

レントゲン写真で腹部中央の臍ヘルニア(中に腸が脱出している)。
satou_kotarou2

臍ヘルニアは整復終了。大腿骨にカネを二本入れ骨折を整復している。大腿骨骨頸骨折は骨頭切除術で偽関節を作成し歩行を可能にする方法です。

— posted by shimoe-s at 08:48 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0085 sec.