ノギ(芒)の迷入ID:1309267182-

イネ科植物の種のノギ(芒)が散歩中草むらに入る犬猫に害を加えることがあります。よく診る事件に耳の中にノギが入り込み鼓膜等を傷つけ痛みのために頭を振り鳴き叫ぶ犬。眼の中(瞬膜の内側)に入り目やにがいつまでも止まらない犬。足の指間皮膚に入り込み赤い腫れ(炎症)がいつまでも引かない犬。今回、眼の下が腫れて来院した初老のラブラドルリトリバーです。視診、触診にて根尖周囲病巣あるいは腫瘍を疑いました。精査の為、麻酔下にて口腔内レントゲン検査とバイオプシー検査、歯石除去を施しました。バイオプシーのため腫れている歯根部を切開すると膿と一緒にノギが出て来ました。草を食べてる時にどうもノギが歯肉より入り込み歯根に膿瘍を作ったようです。バイオプシーの結果、腫瘍は否定され安心しましたが、犬では上顎第4前臼歯の根尖周囲病巣で眼下が腫れたり、排膿をみたりすることが多いです。ノギが原因となった例は初めての経験でした。

ogi-ho2

草むらに生えているイネ科植物
susuki-nogi3

IMG_0543

上顎第4前臼歯の歯根部の切開
IMG_0546

ピンセットで摘んでいるのが取り出したノギ。

— posted by shimoe-s at 10:19 pm  

 

駐車中の排気ガスID:1309244106-

当院の駐車場は病院玄関横に6台、隣の広本タンス店倉庫前に4台駐車出来るようにしているのですが、排気ガスが隣家に入り大変迷惑を掛けています。車を前進で入れ駐車するようお願い致します。暑い時期ですのでエンジンを駆けたままにされるかと思いますが、犬の鳴き声と共に近隣への配慮を宜しくお願い致します。1階の待合室が混雑している場合は地下の待合室をご利用下さい。

IMG_0548

当院駐車場進入口。そのまま前進して駐車して下さい。
IMG_0549

IMG_0551

広本家具倉庫前の駐車場

— posted by shimoe-s at 03:55 pm  

腹痛ID:1308017322-

このところ立て続けて腹痛症状で治療した症例です。
IMG_0446

小さかった臍ヘルニアが急に大きくなり触ると痛がるとのことで来院。カントンヘルニアです。(ヘルニア内容がヘルニア門より脱出して戻らなくなった状態のことをいいます)
IMG_0447

直ちに開腹整復処置です。
IMG_0465

IMG_0466

竹串を誤って食べ、腸を穿孔していました。(飼主さんが竹串を食べたと伝えて下されば診断に苦慮しないのですが...)。
IMG_0491

IMG_0494

半年前に食べた玩具のスポンジが今になって腸閉塞を起こした例です。柔らかいスポンジが長く胃内に留まるうち、胃液の影響で硬くなり腸に送り込まれ細い十二指腸で閉塞を起こしたと思われます。

脾臓に発生した血管肉腫です。腫瘍からの出血で他臓器との癒着を起こし腹痛として診断に結びつくことがあります。腫瘍が大きくなっても症状がみられない例が多々あります。
IMG_0483

— posted by shimoe-s at 11:08 am  

 

緑のカーテンID:1308011933-

予防関係で慌ただしくブログの更新がなかなか出来ませんでした。いつの間にか季節はもう夏に突入ですね。待合室の西日が強いため樹木で影らしているのですが、今年はさらに室温を下げるためゴーヤを植えてみました。ガラス面を覆うように茂るのはいつ頃になることでしょう。私が昨年よりもう一つ育てている植物に、屋上緑化でヒートアイランド現象の緩和に貢献するとされているセダムがあります。万年草の種類でゴーヤと違いツル状に地面を覆い成長します。

IMG_0510

ゴーヤの苗を植えて1週目
IMG_0511

緑のカーテンが待ち遠しい
IMG_0512

屋上緑化に貢献するセダム
IMG_0513

IMG_0514

IMG_0515

IMG_0517

IMG_0516

— posted by shimoe-s at 09:38 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0175 sec.