8月, 2017年

猫・耳道ポリープ

長い間、耳から化膿性浸出液が出て、頭を振ったり平衡異常を起こす若い猫が来院しました。検査の結果、耳道ポリープまたは鼻咽頭ポリープと言われるもので、中耳や耳管などから発生します。ネコに多くイヌでは比較的発生は稀です。非腫瘍性病変に分類され、転移などはありませんが、腫瘤の発生原因はまだ不明です。ポリープが形成されることで中耳炎・外耳炎の原因となる場合があります。

IMG_0724オトスコープで耳道観察中。IMG_0703耳道切開。ピンセットの先がポリープ。IMG_0707ポリープ摘出。耳道が良く観察できます。

Copyright© 2011 下江動物病院 | 福山市新市町 All Rights Reserved.