ウンコが出ない

2013-10-05

高齢の雌のMダックスフントが排便困難とのことで来院しました。一生懸命力んでいるのに細い便が少し出るだけのようです。

検査の結果、大きな腫瘍が骨盤内を占領しているためでした。さらに検査を進め発生源は膣の外壁からのようです。

飼い主さんは色々思案されましたが、手術となりました。下腹部切開と骨盤の一部切開で卵巣、子宮~子宮体~膣の一部そして問題の膣筋腫全部を摘出しました。

病理検査の結果、予想通り子宮、膣に発生する平滑筋腫で避妊していない高齢犬に観察される腫瘍でした。この腫瘍が発生した犬の多くは子宮内膜や乳腺の過形成あるいは乳腺腫瘍が認められるためエストロジェン(女性ホルモン)との関連が示唆されています。そのため子宮卵巣も摘出しておくことが再発率を低くするとされています。経験上この腫瘍で排便障害に進行した例は無かったものですからアップしてみました。今は排便もスムースとなり老後を快適に過ごしています。

子宮平滑筋腫子宮体には膿が貯留し腫れている。その下に膣の腫瘍が見えている

子宮膣平滑筋腫を取り出している所。子宮筋腫卵巣、子宮、膣平滑筋腫の全望。

Copyright© 2011 下江動物病院 | 福山市新市町 All Rights Reserved.