急性アルコール中毒ID:1282539982-

診察時間も終わりかけた頃、横臥状態のコーギーが運ばれて来ました。昼頃、漬け物を作るために用意していた酒粕を茶碗一杯食べたとのことです。ふらふらして転倒で出来た腰の傷、お腹が大きく張り眼は充血し虚ろな顔つき。意識レベルの低下がみてとれます。当初、急性胃拡張、捻転症候群を疑ったのですがレントゲン、エコー検査で否定されました。急性アルコール中毒のようです。内視鏡検査で胃内にまだ沢山の酒粕、ビニール袋があるため直ちに胃洗浄を始めました。酒臭い白い洗浄液が胃ゾンデから流出します。かれこれ1時間ぐらい洗浄を繰り返し透明になったところで終了しましたが室内は酒臭さで充満。ICUに入れ持続点滴をします。翌日もほとんど横臥状態でしたが意識はだいぶハッキリしてきました。しかし水を飲んでは吐く状態の二日酔い現象は続き笑い事では済まされません。3日目になり顔つき、足どりもよくなり食欲も少しずつ出て来ました。4日目でやっと点滴を外す事が出来ました。酒粕には8%のアルコール分があり、酒粕200g食べたとするとビールで言うと420ml飲んだことになるでしょうか。アルコールであるエタノールは胃、小腸の粘膜より吸収され中枢神経を抑制し意識障害から死につながることがあります。大半は肝臓で分解され残りは尿、呼気として排泄されますが、脱水症状が強く現れるため点滴はどうしても必要となります。このコーギーの場合、消化器運動が低下し胃内の酒粕が長く留まり醗酵し症状を進めたものと考えます。生体防御反応で嘔吐、下痢をしてくれればよかったのですが。酒粕などアルコールの置き忘れには呉々も注意してください。
IMG_2009.JPG

呼びかけに対して無反応。
cat_kasu_daigin

酒粕
IMG_2015.JPG

二日目。反応は出て来ましたが振らつきます
IMG_2016.JPG

四日目。点滴がとれました

— posted by shimoe-s at 02:06 pm  

麦粒腫ID:1281782331-

瞼(まぶた)にある皮脂線やマイボーム腺の分泌障害に感染を伴い眼瞼が厚く腫れていることを指します。マイボーム腺は透明な油を分泌して涙の乾燥を防ぐ働きをしているところです。炎症が抗生物質や消炎剤の点眼、内服で軽減が見られない時は切開して治療します。眼瞼の内側と外側で内麦粒腫と外麦粒腫と呼び分けます。
IMG_1988.JPG

内麦粒腫で小さく切開し練り歯磨き様の分泌物を出しているところです。
IMG_1985.JPG

外麦粒腫で同様に切開して出しています。

— posted by shimoe-s at 07:38 pm  

 

瞬膜線脱出(チェリーアイ)ID:1281781495-

瞬膜腺が瞬膜の内側から突出し、見た目がサクランボのように見えるのでチェリーアイと呼ばれます。瞬膜は人では退化している構造物で第三眼瞼とも呼びますが、涙液の30~50%を産生している場所でもありますから犬猫にとっては大事な組織なのです。瞬膜腺を支えている繊維性結合組織が先天的に欠損、未発達のために起こり炎症、肥大を伴います。涙産生の場所でもありますから特別な場合を除き瞬膜腺を切除するのではなく、元の位置に戻して縫合する方法をとります。
IMG_1971.JPG

IMG_1973.JPG

元の位置に整復したところです。まだ腫れていますが数日以内に目立たなくなります。

— posted by shimoe-s at 07:24 pm  

草刈りID:1275813782-

此の時期、病院前を流れる戸手川の土手草は早いスピードで成長します。診察待ち時間中、土手で散歩しながら待たれる方も多く、そのためにも頻繁に草刈りをします。私はゴルフをしませんが、運動不足解消にクラブを草刈り機に持ち替えて...。汗はいっぱいかきますし刈り終わった後の清々しさは爽快です。以前は山登り、自転車をやっていたのですが、その時の汗と達成感は何か通じるものがあります。趣味は何ですか?間違っても草刈り..なんて言えませんが。長年使用してきたリョービの草刈り機をこのたびホンダの4ストロークエンジンの草刈り機に替えました。今までは燃料は混合(ガソリンとオイルの混合)でしたがホンダのはガソリンです。環境保護の観点からも発生する排気ガス中の有害物質は少なく音も静かとされているためです。無心に刈るのも良いものです。
IMG_1883.JPG

左がリョービ、右がホンダ。

— posted by shimoe-s at 05:43 pm  

 

呼吸困難ID:1275782240-

呼吸困難で来院する動物は多いですが、そのほとんどは心臓、肺、気管支、咽喉頭に問題がある場合がほとんどです。今回、基礎原因は別ですが舌の動きに問題が起こり呼吸困難を起こしたワンちゃんを紹介します。14歳のシーズー、喉が腫れ 物を飲み込む、息を吸い込むことが困難で苦しそうで来院。検査の結果、唾液腺癌が大きくなり咽喉頭を圧迫し舌の動きが難しくなっていました。もう1例は今年2例目のマムシ咬傷例。不幸にも舌を咬まれたダックスです。舌は基部まで硬く腫れ変色し麻痺しています。このように舌の動きが悪くても喉頭に影響を与え呼吸困難は起こります。2例とも治療により好転しています。

IMG_1869.JPG

喉の部分、外からでも判るように腫れている

IMG_1872.JPG

画面左側の咽喉部、腫れて硬くなっています。

IMG_1878.JPG

手術後、腫れは引き舌の動きも良好。

IMG_1879.JPG

摘出した唾液腺癌
IMG_1881.JPG

マムシによる舌咬傷。変色し硬くなっています。

— posted by shimoe-s at 08:57 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0101 sec.