岳山ID:1290505797-

この辺り(備後地区)で高い山、岳山へ登ってきました。岳山は府中市の北部、上下町に近い所にある山です。
IMG_1812.JPG

IMG_1809.JPG

遥か遠く、薄く、鳥取県の大山が見えます?大山は中国地方最高峰ですが。...違うかなぁ~、間違っていたらご免なさい!

— posted by shimoe-s at 06:49 pm  

 

歯石ID:1290498766-

IMG_0020

歯石指数3:歯面全体~歯肉縁が厚い歯石で覆われている。

IMG_0023

歯石が触れて舌に潰瘍が出来ている。

IMG_0025

歯の動揺3:歯を軽く押すか触れるだけでも3mm以上動く。そのため抜歯となる。歯石は取り綺麗になった歯が覗く。

IMG_0028

抜歯した歯の数々。

IMG_0030

乳犬歯の残存と歯石。永久歯との交換の時期を過ぎても、歯根の吸収が起こらず乳歯が残っている。

IMG_0031

乳歯を抜歯し歯石除去。歯肉指数2:プローブを挿入すると出血する。

IMG_0055

超音波スケーラで歯石除去をしている。

IMG_0057

歯石除去後のポリシング(歯面の磨き)。

IMG_0058

根分岐部の病変3:プローブの先が根分岐を貫く。

IMG_0053

歯周炎治療後、レジン固定。

— posted by shimoe-s at 04:52 pm  

猫の前十字靭帯断裂ID:1289984483-

前十字靭帯断裂は膝関節内の大腿骨と脛骨を繋ぐ靭帯が切れてしまう病気です。事故や激しい運動などで膝に急激な圧力が加わることが断裂の原因となりますが、加齢による靭帯の脆弱化、肥満による膝関節への負担増加が原因となる場合もあります。この疾患は犬に多いのですが此のたび肥満の猫に認められたのでアップしてみました。治療は靭帯の再建手術になることが多いです。この猫の場合、人工靭帯を用いた関節外制動術という方法を行ないました。

膝関節を開けたところ。上のピンセットで摘んでるのが切れた前十字靭帯です。
1122

1133

肥満です。

1144

台に飛び上がり損ねて負傷。

本日、抜糸。

— posted by shimoe-s at 06:01 pm  

 

超大型犬ID:1289976149-

超大型犬グレート.デーン。体重54k,体高75cm、ドイツの国犬です。これから乳腺腫瘍摘出手術するべく手術台に寝かせたところです。手術台から足を伸ばせば、はみ出してしまいます。吸入麻酔を維持するため気管内へ気管チューブを挿入しますが、ヒト用の一番大きい物でも気管内へ届きません。下記の特別に長い気管チューブを使用することになります。滅多に登場しない代物なので紹介してみました。
IMG_0068_2

手術台からはみ出る背丈。
IMG_0076

上がヒト用の一番大きいサイズの気管チューブ。下が犬用の長いサイズの気管チューブ。これでも大型犬は口吻が長いのでギリギリセーフなのです。

— posted by shimoe-s at 03:42 pm  

平滑筋肉腫ID:1289906995-

半年前より軟便が続くダックスが来院しました。各種検査結果、盲腸部に腫瘍が見つかりました。”出来るかぎりのことをしてやりたい”との希望で摘出手術を行なうことになりました。摘出腫瘍の病理検査の結果は平滑筋肉腫。腸の腫瘍は老齢の犬に多く、発生平均年齢は11~12歳と報告されています。腫瘍の多くは腺癌で平滑筋肉腫を診ることはまれですが、盲腸部周囲から発生する腫瘍の殆どは平滑筋由来であることが知られています。平滑筋は腸の壁にあり消化物を筋収縮により運ぶ役割があるのですが、ここに出来た癌だったのです。本日、抜糸に来られましたが排便障害も無く体重も増加傾向にあり、看護士から貰ったフードを喜んで食べていました。
IMG_0043

盲腸部発生した腫瘍

腫瘍を摘出して惻々吻合をしたところ。

IMG_0048

— posted by shimoe-s at 08:29 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0089 sec.