[ カテゴリー » 動物病院ニュース ]

後天性重症筋無力症ID:1250238993-

食欲不振で吐くとの主訴でミニチュアダックスフントが来院しました。当初、当然、消化器系の疾患を疑い血液検査、レントゲン検査、内視鏡検査等を行ったのですが胃、十二指腸には異常は無く、食道内に唾液、泡状分泌物が貯留し炎症が胃の噴門近くに認められた為、逆流性食道炎と仮診断し、坑炎症剤で様子を看たのですが、症状の改善が無く、シワガレ声、瞬きの減少という新たな所見が見つかり、表題の病気が疑われる結果となりました。改めて食道の運動性検査(バリュウム検査)。テンシロン検査。坑アセチルコリン受容体抗体検査を行ったところ陽性と判定。臨床症状と各種検査結果(ホルモン系検査含む)、治療への反応などにより後天性重症筋無力症の局所型との診断に至りました。この病気は神経筋接合部の疾患で骨格筋側のアセチルコリン受容体に対する抗体産生により神経と筋肉の伝達が障害されることによって発症します。食道、咽頭、喉頭、眼筋などの筋力低下が水、食事が飲み込めず吐く現象を起こし(巨大食道)、声が出ず、ショボショボした目をしていたのです。この症例の場合、治療薬である坑コリンエステラーゼの効果が思わしく無く、しかも此の場合、首を高くし起立した状態で飲食させるのですが(食物がスムースに胃に入るようにする為)、この立位姿勢でもむせて吐き出してしまうため、胃瘻チューブを設置し食事管理をすることにしました。誤嚥性肺炎が此の病気の一番の心配の種なのですが、免疫抑制療法のステロイドホルモンが少し効果を現し、吐く動作は減少し目の状態も声の調子も改善してきてくれました。後は抗体が自然消失することに期待して食事管理、飲水管理、ステロイドの上手な使用(賛否両論あり)で治療管理していくことになります。心配されてるご家族のためにも早く元の体に戻って欲しいものです。(ヒトの重症筋無力症は胸腺過形成などの胸腺異常が多く見られるとされていますが、この犬の場合は胸腺に異常は認められませんでした)
IMG_1451.JPG

治療前の眼瞼の無力。眠たそうな目。

IMG_1473.JPG

治療後....目パッチリ

IMG_1233.JPG

胃瘻チューブの胃の中の状態。この管から胃内に食事が入る。
IMG_1485.JPG

無力な巨大食道

— posted by shimoe-s at 05:36 pm  

狂犬病ID:1248689955-

毎日新聞の本日朝刊に下記の文が載っていました。小動物臨床獣医師として狂犬病の危機意識の低下を感じる左近ですので、改めて知って頂くため転載してみました。

狂犬病:予防接種、わずかに4割 侵入許せば流行も--獣医師会など調査

 ◇中国など多発、専門家警告 狂犬病予防法に基づき、すべての飼い犬に義務付けられている狂犬病の予防ワクチン接種率が実際には約4割にとどまることが、日本獣医師会などの調査で分かった。国内感染による狂犬病は50年以上発生していないが、年間約3000人が死亡する中国をはじめ、周辺のアジア各国は発生数が多い汚染地帯。専門家は「いつ日本に侵入してもおかしくない。このまま低い接種率が続けば、侵入後は国内での流行を阻止できない」と警告する。【江口一、永山悦子】

 国内では1950年に狂犬病予防法が施行され、飼い犬の市町村への登録と年1回のワクチン接種が義務化された。国内で犬にかまれて発症した狂犬病患者は54年を最後に確認されていない。

 半世紀以上、国内発生がないことが人々の危機意識を弱め、近年は登録率、ワクチン接種率とも低下。ペットフード協会の調査による国内の犬の飼育匹数(07年度)は推定1252万匹に上る。そのうち厚生労働省調査による市町村への登録匹数は約674万匹、ワクチンを接種した犬は約510万匹にとどまる。登録率は54%、接種率は41%の低さだ。

 獣医師会の大森伸男専務理事は「室内飼育が増え、感染の危険性がないと思い込んでいる飼い主が増えているのではないか」と話す。

 世界的には発生が続き、毎年3万~5万人が死亡。特にアジアでは中国やインド、東南アジア、韓国で発生。インドネシアのバリ島では昨年11月に初の感染犬が確認された後、島内に感染が拡大。在デンパサール総領事館によると、今年4月ごろまで狂犬病による死者や、犬にかまれて病院に駆け込む人が相次ぎ、多くの野良犬が殺処分されたという。

 ◇狂犬病問題に詳しい源宣之・岐阜大名誉教授(人獣共通感染症学)の話 貨物船に同乗した犬や紛れ込んだ野生動物など、検疫を経ていないルートで国内に狂犬病が入り込む可能性は高い。侵入後に国内での流行を抑えるには、世界保健機関の指針に沿って7割以上の犬が、ワクチン接種で免疫を持つ必要がある。現在は非常に危険な状態だ。

==============

 ■ことば

 ◇狂犬病 狂犬病ウイルスの感染で発症する人と動物の人獣共通感染症。すべての哺乳(ほにゅう)類が感染する。人が犬にかまれて感染し発症した場合、興奮、まひなどの神経症状が出て、呼吸困難でほぼ全員が死ぬため、飼い犬へのワクチン接種が重要とされる。日本では70年にネパールへの旅行者1人が、06年にはフィリピンへの旅行者2人が帰国後に発症、死亡した。

狂犬病が国内で発生したら混乱は鳥インフルエンザ、狂牛病の比ではないはずです。

写真提供日本小動物獣医師会感染症委員会会員京葉獣医師会 副支部長 伊東彰二

タイで、狂犬病実態視察時に撮影した写真
r

赤い所が狂犬病が発生している国です。
image211

— posted by shimoe-s at 07:19 pm  

中皮腫ID:1245588201-

呼吸困難な老犬が来院しました。胸が波打ち胸部疾患があるのは誰の目にも明らかです。でもすぐには検査しません、少しでも呼吸状態が落ち着くまで酸素吸入を開始します。検査後、胸に液体が溜り肺が機能しなくなっていることが解りました。呼吸改善のため胸水を抜きましたが殆ど血液です。血胸といいます。細胞の検査より腫瘍からの出血が一番疑われました。中皮腫という悪性の癌が疑われますが細胞診だけでは反応性か腫瘍性かの鑑別は困難です。治療後2日間は安定していたのですが再び呼吸困難に..。当初飼主さんは積極的治療を望んではおられなかったのですが、病気は治らなくても呼吸の苦しさだけは取り除いて欲しいとの要望により確定診断と治療を兼ね開胸を行うことになりました。予想通り胸の中は腫瘍で埋め尽くされています。組織病理診断のため腫瘍の一部を取りドレーンを留置して閉胸です。病理診断の結果やはり悪性の中皮腫と判明。ヒトではこの癌は空気伝播したアスベスト繊維の暴露に関係していることが解っていますが、犬とアスベストの関係はまだ獣医病理学の疫学的調査を待たなければならないと思われます。個人的には犬の中皮腫との関係は大いにあるのではないかと考えていますが、珍しい腫瘍のため犬にもこのような癌が出来るのだということだけでも知っておいてほしくアップしてみました。
IMG_1306.JPG

触っているのが中皮腫
IMG_1314.JPG

取り出した中皮腫の一部

— posted by shimoe-s at 09:43 pm  

腫れ物の細胞検査ID:1244355829-

体の表面など見えるところ、また触ってわかるところに出来た病変(腫瘍、皮膚病など)で、これ放っておいて大丈夫でしょうか、何でしょうか、とよく質問を受けます。一見して診断つくもの、そこの細胞など採って顕微鏡で観察しないと診断できないものがあります。穿刺吸引細胞診といって針を病変に刺して得られた細胞を染色して診断する方法が日常的に行われます。それ程時間がかからず答えは出ますが只、穿刺吸引しても細胞が充分採れず診断が出来ないこともあります。その場合麻酔下で病変を大きく採って診断するようになります。当院で判断出来ない場合、採集した組織はホルマリンに浸けて専門の検査センターに診断依頼しますが、結果は一週間ぐらいかかります。下の写真は猫の舌に出来た腫瘤ですが、一見すると癌など悪性腫瘍を疑いましたが組織病理診断では好酸球性肉芽腫で腫瘍ではありませんでした。もう一つの例は犬のペニスの皮膚に出来た腫瘤ですが組織診断の結果は悪性腫瘍でした。このように見た目だけでは判らない場合もありますので細胞診、あるいは組織診断が必要であることをご理解下さい。

舌の表面奥まで発生した好酸球性肉芽腫
IMG_1293.JPG

摘出したところ
IMG_1298.JPG

ペニスに発生した腫瘍
IMG_1240.JPG

摘出したところ
IMG_1246.JPG

— posted by shimoe-s at 03:23 pm  

マムシ咬傷ID:1243755580-

今年最初のマムシ咬傷の犬が来院しました。日本に棲む毒蛇にマムシ、ハブ、ヤマカガシがいますが犬猫が咬まれて連れて来られる例は此のあたりではマムシ咬傷です。マムシは出血神経毒(蛋白分解酵素)をもち咬傷部の出血、腫脹、浮腫、壊死等を起こします。毒牙の刺傷が2カ所~1カ所あり好奇心の強い犬猫が口周囲、前肢を咬まれるのが通常です。ヤマカガシは血液凝固阻害毒をもち毒牙はマムシと違い奥歯にあるので、めったに咬まれることは無いそうです。(私はヤマカガシ咬傷の犬猫の症例は診たことがありません)開業以来マムシ咬傷例は恐らく100例以上診てきましたが今だ死亡例はありません。犬はマムシ毒に比較的強いとされていますが治療は必要です。過去の例で皮膚の壊死、腎不全などで治療が長引いた例もあり、毒素の量、個体差で症状に違いがありますから安心は出来ません。今回は写真の様に特徴的に腫れていますが咬傷部位が唇の内側の為、唇をめくって見ないと傷は判りませんでした。飼い主さんはマムシ咬傷の診断に驚いておられましたが、咬まれる瞬間とかマムシを目撃されていなければビックリされるのも当然でしょう。マムシが生息している草むら等に入る犬猫そして人も注意が必要です。因にヒトはマムシ抗毒素血清注射などが必要ですので早く病院に行って下さい。もちろん犬猫も動物病院へ。

治療二日目ですが口唇、首、胸前の腫れは大分減少しました。食事も摂れています。
IMG_1303.JPG

IMG_1304.JPG

— posted by shimoe-s at 04:39 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0109 sec.