手術で取り出したものID:1251586494-

手術.検査で取り出すもの色々ありますが、一番多いのが避妊手術での子宮卵巣、睾丸でしょうか。引き続き腫瘍(癌)でしょう。今月は変わったところで、虚脱状態で運ばれてきた犬の小腸摘出。老犬のフィラリア摘出。副腎癌の摘出などなど切っては取り出すことが多い月でした。体にとって邪魔なもの、要らないものは取り去って元の体に戻すのが一番良いのは誰もが思うことでしょう。でもそこには人間側の経済的、精神的事情、動物側の体力、予備能力、年齢など色んな要素が絡み合い同じ病気でも同じ治療を施すことはあまりありません。上記の3症例は動物側の状況が非常に悪かったのですが、飼い主さんのご理解、犬に対する思いが強く施術する私の力強い後押しとなってくれました。
IMG_1475.JPG

壊死した小腸の一部原因は病理検査でもハッキリしませんでした。

IMG_1508.JPG

取り出した副腎の腺癌(左側)

フィラリア摘出用のフレキシブル.アリゲーター鉗子にて取り出した犬フィラリア。最近では予防が進み、この手術をすることが少なくなりました。

IMG_1517.JPG

IMG_1206.JPG

誤って飲み込んだ種を内視鏡で取り出すところ。
IMG_1205.JPG

肛門腺(臭い袋)の摘出
IMG_1477.JPG

脾臓の腫瘤
IMG_1407.JPG

ウサギ同士の喧嘩による睾丸脱出。これから消毒などして睾丸を摘出します。ウサギの喧嘩も凄まじいものです。

— posted by shimoe-s at 07:54 am  

後天性重症筋無力症ID:1250238993-

食欲不振で吐くとの主訴でミニチュアダックスフントが来院しました。当初、当然、消化器系の疾患を疑い血液検査、レントゲン検査、内視鏡検査等を行ったのですが胃、十二指腸には異常は無く、食道内に唾液、泡状分泌物が貯留し炎症が胃の噴門近くに認められた為、逆流性食道炎と仮診断し、坑炎症剤で様子を看たのですが、症状の改善が無く、シワガレ声、瞬きの減少という新たな所見が見つかり、表題の病気が疑われる結果となりました。改めて食道の運動性検査(バリュウム検査)。テンシロン検査。坑アセチルコリン受容体抗体検査を行ったところ陽性と判定。臨床症状と各種検査結果(ホルモン系検査含む)、治療への反応などにより後天性重症筋無力症の局所型との診断に至りました。この病気は神経筋接合部の疾患で骨格筋側のアセチルコリン受容体に対する抗体産生により神経と筋肉の伝達が障害されることによって発症します。食道、咽頭、喉頭、眼筋などの筋力低下が水、食事が飲み込めず吐く現象を起こし(巨大食道)、声が出ず、ショボショボした目をしていたのです。この症例の場合、治療薬である坑コリンエステラーゼの効果が思わしく無く、しかも此の場合、首を高くし起立した状態で飲食させるのですが(食物がスムースに胃に入るようにする為)、この立位姿勢でもむせて吐き出してしまうため、胃瘻チューブを設置し食事管理をすることにしました。誤嚥性肺炎が此の病気の一番の心配の種なのですが、免疫抑制療法のステロイドホルモンが少し効果を現し、吐く動作は減少し目の状態も声の調子も改善してきてくれました。後は抗体が自然消失することに期待して食事管理、飲水管理、ステロイドの上手な使用(賛否両論あり)で治療管理していくことになります。心配されてるご家族のためにも早く元の体に戻って欲しいものです。(ヒトの重症筋無力症は胸腺過形成などの胸腺異常が多く見られるとされていますが、この犬の場合は胸腺に異常は認められませんでした)
IMG_1451.JPG

治療前の眼瞼の無力。眠たそうな目。

IMG_1473.JPG

治療後....目パッチリ

IMG_1233.JPG

胃瘻チューブの胃の中の状態。この管から胃内に食事が入る。
IMG_1485.JPG

無力な巨大食道

— posted by shimoe-s at 05:36 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0072 sec.