正月休みID:1198648053-

12月30日〜1月3日まで正月休みとなります。ご迷惑お掛けしますが何卒ご理解願います。平日の診療は朝9時から夜7時までですが、私達スタッフは朝8時から夜9時ぐらいまでは大抵働いています。昼間の1時から4時までは手術、検査で一杯になります。そのような訳でスタッフ達には、せめて休みの日だけは充分に休息をとってもらいたいのです。動物看護士のいない日の厄介な診療の場合、獣医師一人では充分な治療が出来ないのが当院の現状です。ヒトの診療と違って動物の場合、保定が必要な技術となります。血管に留置針を入れるにしても、またレントゲンを撮るにしても動物看護士の助けが必要となります。私一人では何も出来ない困ったものなのです。そのような事で時間外、休日は重い病気が起こらないことを願うばかりですが。色々名案を考えてはいるのですが、人件費などを思うと・・・安い治療費で診てもあげたいし・・・。と問題多しなのです。時間外、休日は留守番電話となっています。命に関わるような緊急事態・当院で継続的に診ている患動物の容体の急変は、メッセージの後にお名前、ご用件、電話番号を入れておいて下さい。確認次第連絡いたします。カルテ管理の為、携帯電話・非通知電話はなさらないで下さい。院長

>
555.JPG

— posted by shimoe-s at 02:47 pm  

クリスマスID:1198584171-

アニコムが飼い主対象にアンケート調査を行ったところ、我が子(動物)にクリスマスプレゼントをあげる予定の飼い主が全体の6割だった。また、市販されている動物用のクリスマスケーキやおせちについて意見を聞いたところ、大半は『専門家が栄養を考えているのであれば、良いと思う』『一緒に御祝い出来るので良いと思う』と好意的な飼い主が多い中、『特別な日だけ御馳走をあげると欲張りになり、かえってストレスを与えるのではないか』『動物にとって見た目は関係ないから飼い主の自己満足にすぎない』と、好ましくないという意見も目立った。【アニコムデーターラボ通信より】地球上では食糧を充分に得ることが出来ず飢餓のため命を落とす人が多い現実がある一方、ペットである犬猫に贅沢させている先進国といわれる日本。この業界に身を置いて生活している人間として複雑な思いでこのアンケートを読みました。健康志向として、人も動物も食事内容、量を考え飽食な無駄をせず、家族の一員としての本当の意味での伴侶動物と言われる日が来ることを日々の診療を通して感じます。
450-20061121011950244[1]

— posted by shimoe-s at 09:02 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0141 sec.