ペットに扶養手当、犬猫に月1000円ID:1194957158-

 ▲

動物用医薬品の共立製薬が、ペットとして犬か猫を自宅で飼っている自社社員を対象に「ペット扶養手当」の支給を開始することになった。該当する社員には飼育している数に関係なく、毎月1000円が支給される。12月1日から申請を受け付け、来年1月分の給与から支給する予定という。共立製薬は「人と動物と環境の共生をになう」を企業理念に掲げる。ペット扶養手当を支給することで「社員のペット扶養義務の自覚を喚起し、人と動物のよりよい共生環境の実現を目指したい」としている。飼育開始から5年、10年、15年、20年目にはそれぞれ表彰することも決定。当面は派遣や嘱託を除いた社員約300人が対象だが、犬や猫以外のペットを飼育した場合や、同社のグループ企業4社に広げていくことも検討するという。国内のペット業界には、ペットを飼い始めたときの補助金支給やペットが亡くなった際の忌引休暇などを認める会社があるが「毎月、手当を支給するという例は、ほとんどないのではないか」(共立製薬)。犬か猫を飼育する社員全員(82人)がペット扶養手当を申請した場合、同社は年間約98万円の負担増になる。ちなみに同社の1カ月の扶養手当は配偶者1万円、子ども1人につき5000円。「住宅事情などでペットを飼いたいと思っても飼えない社員がいる。あまり差をつけるわけにもいかない」との理由から1カ月1000円の支給額になったという。 (2007/11/12 日刊スポーツ)当院の看護士諸君も皆、何らかの動物を扶養しているから頭数に応じて扶養手当を・・・検討しときましょ。???院長記事とは関係ありませんが、県北の帝釈峡、遊歩道の落ち葉を踏みしめ、いい汗をかきました。出くわした日本最大の自然橋、雄橋です。

sh0079

— posted by shimoe-s at 09:32 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0081 sec.