異物摘出ID:1294402616-

誤飲で来院される患者(犬猫)は多いですが、摘出に難儀した症例をアップしてみました。一例は体重2Kgのチワワ、スポンジボールを持って遊んでいて誤って飲み込んだようです。正月でもあったことと、ご飯も食べるし吐き気も無く元気もあるし....様子を看ておられた様です。でも一週間経ちウンコに出ないのが気になりだし来院。エコー検査で胃内にそれらしき物があることが解り内視鏡での摘出となりました。スポンジなので時間が経っているとはいえ簡単に取り出せると挑んだのですが、意に反し難儀しました。噴門で引っ掛かりどうしても取り出せないのです。結局、胃切開で摘出となった訳ですが、取り出して水分を含んだ実物を触ってみて初めて”こりゃー出んわ!”でした。二例目は体重1.8kgの子犬、貰った骨ガムを齧っていて誤飲?フードを食べても吐くとの事で来院。内視鏡を入れてみると胸部食道に異物があるのが判明。色んな道具で摘出をこれまた試みるも悪戦苦闘。内視鏡チャンネルより摘出鉗子を使用して取り出すのは諦め、別の大きな異物鉗子で把持することができやっと取り出す事が出来た例でした。皆様も誤飲には呉々も御注意を!
123.JPG

胃内幽門部で身動きとれない変色したボール。
IMG_0187

摘出したボール。左が正常ボール、右が胃内で変色したボール。
1111.JPG

食道内異物
22222.JPG

摘出した痕。食道に炎症がある。この傷は薬で治癒。
IMG_0191

内視鏡で使用する異物摘出鉗子の色々。

— posted by shimoe-s at 09:16 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0093 sec.