平滑筋肉腫ID:1289906995-

半年前より軟便が続くダックスが来院しました。各種検査結果、盲腸部に腫瘍が見つかりました。”出来るかぎりのことをしてやりたい”との希望で摘出手術を行なうことになりました。摘出腫瘍の病理検査の結果は平滑筋肉腫。腸の腫瘍は老齢の犬に多く、発生平均年齢は11~12歳と報告されています。腫瘍の多くは腺癌で平滑筋肉腫を診ることはまれですが、盲腸部周囲から発生する腫瘍の殆どは平滑筋由来であることが知られています。平滑筋は腸の壁にあり消化物を筋収縮により運ぶ役割があるのですが、ここに出来た癌だったのです。本日、抜糸に来られましたが排便障害も無く体重も増加傾向にあり、看護士から貰ったフードを喜んで食べていました。
IMG_0043

盲腸部発生した腫瘍

腫瘍を摘出して惻々吻合をしたところ。

IMG_0048

— posted by shimoe-s at 08:29 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0144 sec.