猫の乳腺癌ID:1272544432-

お腹にシコリがあるということで8歳の雌猫が来院しました。シコリは乳腺腫瘍で左右に5カ所確認できました。猫の乳腺腫瘍は犬と違って発生は少ないのですが80~90%は悪性と報告されています。特にシコリの大きさと悪性度は相関し、完治が可能な大きさは2センチ以内とも言われています。この猫の場合2センチ以上の大きさでソケイリンパ節も腫れている(リンパ節への転移)。そしてエコー検査で子宮にも腫れ物があることが判明しました。相談の結果、当院で出来る最前の方法をとの事で、全乳腺の摘出(リンパ節も含めて)と子宮、卵巣の摘出を行なうことになりました。猫も初発情前に避妊手術をしておくと乳腺腫瘍の発生は少なくなります。何事もそうですがシコリを見つけたら大きくなる前に検査処置するようにしたいものです。この猫の場合、2日入院で退院となりましたが病理検査の結果は乳腺癌(リンパ節転移)、子宮は平滑筋肉腫との診断。後は定期的にチェックしながら再発転移が起きないよう見守っていくことと化学療法に期待していくことになります。
IMG_1796.JPG

摘出した全部の乳腺。
IMG_1798.JPG

同時に摘出した子宮の平滑筋肉腫

— posted by shimoe-s at 09:33 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0075 sec.